藤原俊一 「憧れの女」NTRのビッグタイトル

藤原俊一先生が放つ長編寝取られ漫画。

長編らしく最初は和姦からスタートするものの中盤でガッツリ寝取られ、最後は和解という王道スタイル。

大学生「小早川圭」は見学に立ち寄った「オタク文化研究会」にて、高校時代に陸上部での先輩「観崎さおり」さんと再会し、恋人同士の仲に。

この圭君もさおりさん以外とがっつりHしてしまうなど、お話自体はエロ漫画なのでそこまで濃くはありませんし、エロに至るまでのシチュエーションも薄いです。

まぁおまけですね。

肝心のNTRはさおりさんが漫画の商業デビューを盾に、詐欺師の男にこれでもかと調教されます。

お手本通りの内容でHもNTRの基本を押さえたプレイが満載。

この詐欺師に1週間快楽漬けにされてしまうのだが、その1週間の具体的な内容が、なんと同人誌で保管されているので、本編の内容が気に入った方には二度美味しい作品である。

2007年にコミック化された作品と少々時間はたっているものの、NTRのビックタイトルとして名を残す名作である。

憧れの女

915円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする