夏庵「オトメドリ」鬱展開も強烈なこれぞNTR


いくつものNTR漫画を世に送り出している夏庵先生が放つ強烈NTR漫画「オトメドリ」。

表題作の「オトメドリ」が2話の連作となっており、こちらが尖ったハード&ヘビィな寝取られエロで読者の精神をがしがしと削ってきます。

その他の中、短編も寝取られ要素が強い作品になっており、まさにNTR好きに向けた内容となっています。

しかしながらかなり尖っており、女性の快楽落ち、というNTRだけではなく、寝取られたという事実を知りながらも、そのことに対して何もできなかったという事実を背負わせる事によって、男性側の未熟さ、小ささを描くスタイルは、中々に精神を陰鬱にさせてくれるでしょう。

当初はラブラブ和姦モノかという雰囲気をただよわせてきますが、そこから一気に方向転換してくるのでその衝撃は強烈です。

エロシーンの内容に関しても処女を奪われるところから最終的には孕ませられるという凌辱のフルコースを肉感的な絵で表現。

かなり実用的であることは間違いないのですが全編を通してダークですのでNTR耐性は十分必要だと思ってください。

表題作「オトメドリ」には妹キャラも登場し、こちらも強烈なキャラで股間と精神にダイレクトアタックを加えてきます。

私は大変使用させていただきましたが、メインヒロインを食いかねない勢いで、良くも悪くも印象的でした。

割と王道の寝取られ展開ではあると思うのですが、随所に光る狂気と絶望は見事の一言で、さすが夏庵先生、とまじまじと思わされます。

全編を通して肉感的に描かれた女の子だちはどの子も魅力的で、単純にその点だけ見ても高評価でしょう。そんな女の子たちが性感帯となる部分をねちっこく攻められる描写はNTRと相性抜群で、その点でも夏庵先生はさすがです。

まさに寝取られスキーの為にあるような、こちらの作品、読んで損なしの一品です。

またアニメ化もされているので、こちらも気になれば視聴してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする