横山ミチル「母が白衣を脱ぐとき」濃厚なエロス長編NTR

横山ミチル先生が放つ、長編の人妻エロ漫画「母が白衣を脱ぐとき」を紹介したいと思います。

エロ漫画では珍しい、長編のシリーズとなています。6巻まで刊行し、完結。

外伝等も豊富に出ていますね。

...

清楚な母が堕ちる時。看護師長、倉持朝美。一児の母。

そんな設定だけでもう狙われそうなヒロインですが、案の定様々な男から辱めを受け、快楽によがります。

...

すでに夫とは離婚しているのですが、息子が母に微妙な好意を向けているため、寝取り、NTRモノとしても十分な内容になっていると思います。

始まりは息子をだしに脅され体を開く、というお約束の展開ですが、同じ職場の医師、南雲に犯されてからというもの、南雲を中心に様々な男と、シチュエーションで乱れる朝美さんが最高です。

...

当初はその性格から拒むものの、やがては快楽に負け、泥沼の展開に。

そのエロシーンもとにかく過激で、快楽に堕ち、喘ぐヒロインのエロさの表現が素晴らしい。

...

ストーリー性も高く、息子を巻き込んで物語は進んでいきますが、6巻という長丁場なので基本的な流れは似ています。

なのに飽きず読み続けられるのはエロシーンが上手いからにほかなりません。

様々なシチュエーションで攻められるそのエロさはまさに必読。

徐々に時間をかけて堕ちて行くエロさで先が楽しみな作品でした。

貴重な長編寝取られ漫画として完結している作品です。

今なら一気読みが可能ですので子持ちNTR系作品の大作ですのでぜひ読んでもらいたい作品です。

またスピンオフ作品が多いのもこの作品の特徴。それだけ人気シリーズということでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする