ポン貴花田「ネトリ×ネトラレ」兄の彼女を俺色に染めるNTR


今回はポン貴花田先生の単行本「ネトリ×ネトラレ」の紹介です。

歳上や巨乳で可愛い女の子に定評のあるポン貴花田先生ですが、何故かちょいちょいNTR属性を含んだ作品を提供してくれます。

我々にとっては嬉しいだけなのですが。

今単行本では昔から気になっていた元同級生がある日兄の恋人としてやってきた。それに嫉妬した主人公が彼女に兄より先に性の特訓を施す、という内容長編8話となっています。

童顔巨乳のむっちりとした体を存分に開発し、中にも外にものパラダイスが広がる素晴らしい作品だ。とてもキャッチーな可愛らしい絵ながら豊満で抱き心地が良さそうな女の子で万人受けする絵柄であると思いますね。

しかしながら長編の宿命かメインヒロイン単独でエロシーンを担当するため、ヒロインの好みには注意が必要である。

題名からもわかる通り、まだセクロスに至っていない兄の彼女を上手く言いくるめ処女をゲット、その後もじっくりと性の喜びを教え蕩けたアクメ顔を浮かべさせるまさにNTR。

とはいえ兄とヒロインの結びつきは薄いのでそこまで寝取り感が無いのは両論賛否か。

彼女を奪って身も心も自分色に染め上げるというNTRの醍醐味と言える背徳感は少ないだろう。

その点で寝取られ入門作品としてもお勧めできる作品と言えます。

エロシーンも素晴らしく、その巨乳と童顔がトロトロに蕩ける痴態がたまらず、性知識皆無のヒロインに性の快楽を仕込んでいくというシチュエーションが素晴らしい。

プレイの幅も徐々に広がっていく様子が描かれ、執拗な愛撫に挿入をおねだりする様が実にエロい。

またおまけ程度ではあるが、主人公と心が繋がった後に兄とヒロインとのエロシーンもあるため、そんな需要も満たしてくれる作品です。

安定のエロシーンとライトなNTRも楽しめるポン貴花田先生の「ネトリ×ネトラレ」でした。

純愛か、寝取られか中途半端な印象があるかもしれませんが、エロの完成度は高く、インモラルな環境下での行為になるので十分NTR好きも楽しめる内容になっていると思います。

おすすめの一冊ですのでぜひご使用ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする