東雲龍 「LOVE&HATE 」可愛い絵ながらハードな長編NTR

東雲龍先生の全3巻からなる 長編コミック「LOVE&HATE 」の紹介です。

総ページ本編603頁+アナザーストーリー(初回限定小冊子)24頁
というボリューム抜群の超長期連載作品。
雑誌コミックXOで連載されていた看板作品といえる作品でしょう。

東雲先生は肉感的で可愛らしい女の子を描きつつも、ハードでダークな作風を特徴とする異色のエロ漫画家です。ヒロインが身も心も堕ちていくNTRと相性の良い作家さんですね。

全3巻にも及ぶ長編の為簡単に内容紹介を。

1巻では主に和姦を中心に話が展開します。真面目な生徒会長と純情な主人公。しかし初めてのエッチを境に主人公のサドとしての素質が開花。それ以降、バイブに露出、アナルセックスと愛のある調教が続きます。

しかしそのままで終わるわけが無いのはお約束。屋外でのプレイをヒロインに好意がある間男に目撃され凌辱が始まるのでした。

2巻からはNTR全開で、間男の過激な凌辱と快感に立ち向かうが終わる事の無い責めに徐々に抵抗する気力を失い、ついに陥落。さらに危険日に大量の中出しを受け、妊娠してしまうという絶望的な展開へ。

3巻ではついに主人公がヒロインの異常に気がつくもののすでに手遅れと思われるほどに調教されていた。

そしてここから本編はハッピーエンドに向けて割と超展開で収束へと向かうのですが、3巻の初回限定版には小冊子の付録が付いており、アナザーストーリーとしてバッドエンドともいえる展開が追加されています。

両論賛否あるとは思いますが、同時に両エンディングを展開した歴史的NTR漫画であることには間違いないでしょう。まさにNTRを語る上では読んでおいて損の無い作品と言えます。

エロシーンは全編を通してハードなプレイ内容と展開が続きます。ハード系の内容は一通り網羅しているといっても過言では無く、アヘ顔、中出し、イキ顔等なんでもあり。

もちろん実用度も折り紙つきで、NTR好きにはたまらない内容である事も間違いありません。

しかしNTR作品の中でもハードな作風である事も間違いないのでNTRが好きでも、凌辱や輪姦といったプレイに耐性がないと厳しいかもしれません。

また孕ませや妊婦プレイもあるのでそこも注意が必要です。

それでも前述した通り、全3巻からなる大作NTR漫画です。NTR好きならば必ず読んでおいてほしい作品。NTR好きで未読の方はぜひチャレンジしてみて下さい。

必ず満足させてくれるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする