kiasa「ひなたネトリズム」初単行本にして見事なNTR

今回はkiasa先生の初単行本「ひなたネトリズム」の紹介です。

内容としては全5話の長編が1本、全3話の中編が1本、1話読み切りの短編が3本という構成になっています。

0160508b018.jpg

特に表題作の長編では主人公に思いを寄せるヒロインが2人の友人である遊び人に言い寄られ、当然拒むものの、繰り返されるエロい快楽に抗えず、堕ちて行くという素晴らしいNTRとなっています。

また3話構成の中編も教え子と浮気を繰り返す既婚の男性教師の話を描いていたり、全体的にインモラルなNTR的な内容になっています。

0160508b028.jpg

登場する女の子は全体的にむっちりと肉感的であり、大きな胸やお尻など非常に実用的なボディをしており、万人受けする可愛らしい絵柄も合わさって抜群の実用度でしょう。

そんな女の子が奪われ寝取られるエロスを繰り広げるまさにNTRな一冊となっています。

0160508b030.jpg

しかしNTRではあるものの、ガチの凌辱や輪姦モノではなく、全体的に重すぎず、快楽を引き出し、刻み込むようなねっとりとしたプレイで、まさにエロスで虜にすると言った開発、調教で虜にするようなNTRが楽しめます。

0160508b034.jpg

やがて快楽を植え付けられたヒロインたちは自ら積極的に肉棒を求め、奉仕し体を震わせながら快楽を受け入れます。大量の汗や愛液を飛び散らせ、蕩けた表情を浮かべ絶頂する様子は流石の一言。ヒロインの隠微さやエロく染まっていく様子を印象ずける心理描写や表情がたまりません。

0160508b040.jpg

NTRの基本を押さえつつも可愛い系の絵柄ながらその画力で表現されるエロ描写は実用性抜群です。また比較的軽いNTRが繰り広げられるのでNTRの入門書にもおすすめできます。

とりあえず表紙を見て、絵柄に拒否感が無く、NTR好きならば必要以上に満足してもらえる一冊であると思っています。

0160508b074.jpg

ぜひこの機会に御手にとって見て下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする