田中あじ「アンスイート-寝取られ堕ちた女たち-」全部丸ごとNTR

田中あじ先生の初単行本となる「アンスイート-寝取られ堕ちた女たち-」の紹介です。
初単行本にしてオールNTR作品というはじけっぷり。う~ん、素晴らしいですね。
構成は全てアンスイートという題名が付きますが全3話の中編の他は全て短話となっています。サブタイトルからして当然ですがなんと全て寝取られ作品。耐性が無い方は当然回避推奨で、属性持ちの我々はその素晴らしい作品達を十分に堪能することができます。
 
特筆すべきは全3話からなる中編「アンスイート-黒瀬勝子-」。
お堅い教師として校内でも有名な勝子先生に30歳を過ぎて初めてできた彼氏はなんと教え子の少年。他人に知られてはならないと秘密の関係を続ける2人であったが、その秘密を同じく教え子の問題児に知られてしまう。
秘密を盾に脅迫を受けて、その未開発な体を刺しだす勝子先生。心は拒否するものの体は快楽に支配されていき…といった王道のNTRを中編でじっくり描きます。
 
幸せな関係だったはずの2人の関係を汚い手段で籠絡し、時間をかけて体を開発、そして精神までも屈服させるという王道のNTRをお腹一杯味わう事ができるでしょう。
中編以外でもシチュエーションやカップリングを変えて新鮮に楽しむ事が可能です。
 
絵柄は割とオーソドックスな可愛い系で、胸やお尻などはむちっとして全体的に肉感的であると思います。玩具を使用した羞恥プレイや不倫セックス、強制スワッピングなどエロシーンも表情豊か。接合部から溢れる愛液や、汗、唾液、隠語など艶を強調する表現で我々の股間を強烈に刺激してくる事請け合いです。
もちろんアヘ顔も完備。完璧ですね。
 
初単行本という事もあり絵柄に若干の変性はありますが特に問題無い範囲であると思います。
というか初めてでこの仕上がりという今後もエロ漫画としてもNTR作品としても期待できる素晴らしい人材の登場と言えるでしょう。
 
全編を通してNTRなので耐性が無い方は当然注意を。NTRスキーにとっては至高の一冊と言って問題ありません。さぁ、存分にNTRを楽しんでください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする