草津てるにょ「パコパコしちゃう」肉感ボディの蕩けるセックス


今回の紹介は草津てるにょ先生の単行本「パコパコしちゃう」の紹介です。

個人的にNTRエロ漫画家として大変素晴らしい力量をお持ちの漫画家さんであると思っていますが、今回は全体的にバランスのとれたエロスを展開しており、NTR分は少々薄めです。しかしながら全く無い、とは言い切れない微妙さだったのでこちらで取り上げてみました。

0140201111111opuA0015.jpg

本の構成は中編と短編が混ざった形で比較的ボリュームのある内容を楽しむ事ができます。エロ重視の構成であり展開の面白さと読み応え感を両立しているといえますね。登場人物は性欲にまかせたセックスで快楽主義全開と非常に解りやすいです(笑)

0140201111111opuA0030.jpg

歳の離れた娘の友人たちと体の関係になったり、2人の少年が互いの母親を奪い合うなど寝取り要素を含む話だったりと、歳の差のある男女の背徳的な関係を描く作品が多いなど、全体的にインモラルな作風ではあるんです。しかしストーリーは暗く重い訳ではなく、倫理観と背徳感の間でゆれながらも快楽に突き動かされるのですが概ね平和な結末となるので後味の悪さなどはありません。

0140201111111opuA0036.jpg

むしろ背徳感と抜き目的の手段としては非常に高いバランスである作品であると言えます。ラストまでエロシーン満載であるため、ストーリー的には物足りなさを感じるかもしれませんが、そこはエロに尖っているという事で。

0140201111111opuA0050.jpg

ヒロインは学生中心のティーン美少女と人妻中心の美熟女さんたちのミックスで、比較的年齢層は高いといえるでしょう。多様性に富んだキャラを十分に堪能する事ができますね。

0140201111111opuA0063.jpg

そんなキャラ達を駆使して飽きないように工夫をしていますが、ボディライン等は基本的に巨乳から爆乳でむっちりと健康的な肉付きであり、扇情的な素晴らしいエロボディです。コスチュームも多彩で抜きの実用度としてはかなりのものですね。

作風としてエロシーン中心であり、ラストまでエロが満載の為、標準以上のボリュームといえるでしょう。羞恥プレイ等や強引な展開も見られるものの基本的には和姦中心。

そのためシチュエーション自体はあまり特殊ではなく、スタンダードなのですが、ご奉仕プレイに肉感的なエロボディ、ぶっかけ、ねっとりとした愛液にピストンの濃厚な演出で楽しませてくれます。

0140201111111opuA0070.jpg

前議や挿入に置いても汗や愛液に濡れる肌や乳首等淫靡な魅力が満載です。また巨乳、爆乳の存在感も格別で素晴らしい表現力もあってそのエロさを強調してくれます。

0140201111111opuA0040.jpg

ベテラン先生の上手さが光る非常にバランスの優れたエロ漫画と言えるでしょう。NTR漫画としては少々弱いのですが、それを差し引いてもオカズとして素晴らしい作品であると思えます。登場キャラの年齢層が高めではあるので人妻作品が好きな人には特におすすめです。

安定のエロを誇る素晴らしいエロ漫画、ぜひご一読ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする