三毛蔵亭「魔性のチ●コを持つ少年」洗脳系NTR

今回は同人サークル三毛蔵亭さんの同人漫画「魔性のチ●コを持つ少年」の紹介です。この題名からして素晴らしく直球な内容が予想できますが、その実立派なNTR作品となっています。

魔性のチ●コを持つ少年~彼の男根は女性をメスへと変える~ 前編

「魔性のチ●コを持つ少年」として紹介させていただきますが、本作品は「前編の~彼の男根は女性をメスへと変える~ 」と「後編」に分かれています。今回はそちらを合わせて1つの作品として紹介させていただきます。

ストーリーとしましては、ある日、不思議な力を持つ少年が主人公の住む街にやってくるところから始まります。その少年がもつ不思議な力によって、徐々に主人公の周辺を狂わせていき、主人公が意識していた相手や家族までもがその毒牙にかかっていくというお話です。

魔性のチ●コを持つ少年~彼の男根は女性をメスへと変える~ 前編

ジャンルとしてはまちがいなくNTRなのですが、一種の洗脳に近い形で女性たちを堕としていく様子が楽しめる作品です。

その洗脳能力とは、人を素直にするという名目で、倫理観を低下させて、抑圧された欲望を解放することによって女性を快楽の底へと叩き落とすのです。よってその力を受けた女性は即快楽に抗えなくなり、一気に理性が崩壊してしまうという恐ろしい能力なのです。

実にご都合主義ですがエロいので良しとしましょう。

魔性のチ●コを持つ少年~彼の男根は女性をメスへと変える~ 前編

この作品の寝取られ要素としては徐々に主人公の周辺が「魔性のチ●コを持つ少年」によって浸食されていく様を描いているところといえましょう。まずは学校のクラスメイト、先生が堕とされてくにつれて、主人公は徐々にその変化に対する違和感と危機感を感じるようになっていきます。

さらに続編では主人公の家族や、愛する人にその魔の手が迫り、主人公自身も追い詰められて行くことになっていきます。主人公やその周辺が追い詰められていく過程が秀逸で、NTR要素と相まって大変美味しく楽しめるでしょう。

さらにエロとも深く関係している堕ちる過程にも様々なシチュエーションがあり、真面目な委員長タイプであれば性にあけすけなビッチに、貧乳の女性であれば胸を大きくするためにといった、自分の欲望を表わすような形で乱れに乱れます。非常にバリエーションに富んだシチュエーションがたっぷりと楽しめるでしょう。

魔性のチ●コを持つ少年~彼の男根は女性をメスへと変える~ 前編

エロ、ストーリー共に前後編に分かれているため、ボリュームは十分すぎる程で、長編らしい練られたストーリーと大ボリュームのエロが楽しめる良作といっていい作品と言えましょう。

考えられた構成で主人公達が追い込まれていくような、NTRとして練られたストーリーが楽しめるものの、対象のヒロインは「魔性のチ●コを持つ少年」の驚異的な能力によって即堕ちてしまうため、1人1人が堕ちる過程を楽しむ事ができないという欠点はあります。

それを差し引いてもNTRモノとしても洗脳系エロモノとしても素晴らしいできなので、絵にそこまで違和感を感じなければ買いの作品であると思います。

また堕とされたヒロインの過程とその後を描いたオマケも結構なボリュームで用意されています。

総合的にかなり良質なNTR作品といえるでしょう。もちろんNTR耐性の無い方は回避推奨ではありますが(笑)
ぜひ手にとっていただきたい作品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする