こっとん堂「その頃、あの娘は…」幼馴染が一夜でNTR

今回は同人サークルこっとん堂さんのCG漫画「その頃、あの娘は…」の紹介です。こちら同じ題名で1作目と続編の2作目がありますが、合わせて紹介していこうと思います。

その頃、あの娘は…

それなりの歳になってもいまだにいじめられているいじめられっこの主人公は、未だに幼馴染の女の子ミカに助けられていた。そんなミカに思いを寄せている主人公だったが、自分に自信が持てないため、告白できずにいた。なので自信を手に入れるために良い大学に行こうと勉学に励むのだった。

しかしそんな中片思い相手である幼馴染がチャラ男によって堕とされていく様子を描いたのがこの作品です。

その頃、あの娘は…

勉学に励む主人公、一報でヒロインのミカを狙っていた寝取り男ヨウヘイ。筋金入りの女好きヨウヘイは知り合いの不良たちと手を組み、襲われたふりをして、ミカを家へと連れ込む事に成功する。そして女の子の扱いになれているヨウヘイは一気にミカを堕としていくのであった。

当然ミカはヨウヘイを拒むもののヨウヘイのテクニックに快感を感じ始めてしまう。イッたことも無いような女性が百選練磨のテクニックに翻弄され、徐々に堕とされていくのが非常に楽しめます。

その頃、あの娘は…

ここまでが1作目の内容であり、2作目は一夜を共にした後、その快楽の余韻を残していしまっているところから始まります。快楽を憶えてしまったヒロインは寝取り男たちに抗う事ができません。

よって駄目なのはわかっているが快楽に負けそう、からやがては我慢できなくなり、心も体も堕ちていくという肉体的だけでなく、精神的に堕ちて行く過程も楽しめるようになっています。

その頃、あの娘は…2

最終的には快楽を憶えてしまったヒロインにとどめを刺すような畳みかけるようなエロシーンが数十ページにわたって描かれる様子が圧巻です。

2作目だけではヒロインを意識するような主人公の描写が少ないため、NTR感をあまり感じる事がないかもしれませんが、1作目から楽しめば問題ありませんし、ヒロインと主人公の関係を知っている寝取り男がその辺りを攻めてくるのでそれで十分です。

その頃、あの娘は…2

ヒロインが快楽に流される様子も前後編というボリュームでしっかりと書きこまれているので、合わせて楽しめばより抜ける作品になる事は間違いないでしょう。

作品としてはがっつり寝取られ、寝取り側もそのアドバンテージを活かしてくるのでNTR作品が苦手な方は当然回避すべき作品です。

スタンダードだが効果的にNTRの強みを全面に押し出した良作であると思いました。とりあえず絵を受け入れられればNTR好きならば問題無い作品かと思います。堕ちるヒロインが楽しめる良作でした。

ぜひ堪能していただきたい作品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする