アリスソフト「は~とふるママン」最高のNTRゲーム、再び

今回はアリスソフトより2017年1月に発売となった「は~とふるママン」の紹介です。あと感想ですね。

は〜とふるママン

アリスソフトが放つ、妻みぐい、妻しぼりと続く、妻、ママモノの最新作であります。原画に原画は超昂シリーズや、ぱすてるチャイムシリーズのおにぎりくんを採用し、妻シリーズを担当してきた「人妻に人生を捧げた風麟」が今度はママ(義母)ものに挑戦するという、個人的にも実に期待していた作品でした。

そして期待は裏切られることはありませんでした。またどえらいNTR作品でしたよ…

は〜とふるママン

主人公の城崎真生は中学の時に母親を亡くし父親の元と二人暮らしをしていたものの大学へと入学すると同時に父親が失踪。4年間帰らずじまいだったが、ある日なんと再婚相手を連れて戻ってきた。

ヒロインの有馬汐梨は、その外見もさることながら、性格も非の打ち所がなく、まさに理想的な母親だった。突如始まった新しい母親との同居生活に、困惑する真生。そんな真生を、持ち前の明るさとやさしさで、汐梨は包み込む。

は〜とふるママン

彼女と接していくうちに、次第に母親ではなく、女性として真生は惹かれてしまう。そのことに気付いた汐梨が取った行動とは―。

という一見純愛モノの作品のように見えますね。もちろん純愛モノとしてこの作品を楽しむこともできます。しかしそれではこの作品の魅力は半減してしまうと言ってもいいでしょう。このシリーズは伝統的に多数の間男が登場し、虎視眈々とヒロインを狙っているのです。

は〜とふるママン

アリスソフトが得意とするSLG形式をとっており主人公の行動次第でヒロインとラブラブするもよし、NTRな展開を楽しむもよしの作品なのです。

回想枠128、CG60(差分除く)という中々のボリュームですが、純愛シーンよりNTRシーンが多いというのだから素晴らしいです。

は〜とふるママン

さて、純愛シーンを楽しむもよし、寝取られシーンを楽しむもよしの今作なのですが、1つ注意点が。それは攻略が難しい、という点です。例えば純愛ルートの最終目的はヒロインである汐梨さんをゲーム期間内である55日で孕ませる、という事になります。

これが結構難しい。そして面白いところでもあるんですね。

汐梨さんは主人公を事が大好きでラブラブなのだけれど、再婚相手の息子という事でセックスをしたくても理性でそれを押しとどめています。ゲーム内でもがんばって距離を縮めて行くのですが55日間のうち、30日くらいはセックスまで辿り着くのが難しいです。そこまででもエロいイベント盛りだくさんで寸止めながらも大変楽しませてはくれます。

は〜とふるママン

しかしお預け。これは善し悪しですが、耐えられない人は厳しいでしょう。なんとかセックスまで辿り着くと第一段階突破となりますがコンドームは必須となります。この辺りのエロ無しでラブラブしている辺りも素晴らしいですが、ゴムはあり。

その後も頑張って汐梨さんに突貫すると40日前後で生ハメ解禁となりますが当然外出し。しかし危険日が近づくと当然ゴムあり。このよくよく考えると当然だろうやり取りがエロさをパワーアップさせてくれるのですが、お預け状態。

この辺りの攻防で初中出し解禁となりますが孕ませるには至らず、私の所見プレイではここでゲームオーバーとなりました。のんびりやっていると中出しお預けの可能性もあります。

は〜とふるママン

しかしこのすごくヤリたいのに「再婚相手の息子だからガマンしなくちゃ」、すごく生ハメしたいのに「妊娠したら大変だからガマンしなくちゃ」からの「私の本気を見せてあげる、危険日子作りしましょう」、「私となら生ハメしてもいいけど、彼女ができたら必ず避妊するのよ」というエロさの推移がたまらないんですね。

その危険日中出しに辿り着くまでのプロセスが厳しいからこそ、辿り着いた時の汐梨さんのエロさが素晴らしすぎますわ。何故かNTR作品を紹介するサイトなのに純愛エロについて熱く語るぐらいに。

とりあえずビジュアルと属性がそこまで外れていなければ、それだけで楽しめる名作といっていいてしょう。そして次はNTR部分の紹介です。

NTRシーンについては回想の内訳を見てみるとNTRの方が純愛より多いんです。中々の力の入れようだと思います。純愛だけでも楽しめるボリュームなんですからNTR好きには二度美味しいと言えましょう。

なんと本作の間男の人数は計7人とかなりの人数を取り揃えています。大人数になりますので純粋なNTRもありますが、フェチに特化したNTRも多くありました。

他ルートの派生としてっぽい幹事として2人程、さらにバッドエンドのおまけっぽい感じでさらに1人とわりとあっさり気味ですがNTRが楽しめます。

さらに人妻と相性抜群のショタ枠の実くんルート。こちらはヒロインの主人公一筋で中々屈しない姿が逆に良かったです。義母と息子の関係の異常性と夫への不貞を武器にして汐梨をいびる展開がNTR的にたまりませんが、完全には堕ちず、というのはどうでしょうか。

さらにNTRではお馴染みのチャラ男も登場しますが、寝取りキャラのくせして何故か応援したくなるような憎めないキャラでしっかりとNTRしてくれます。無理やりに迫るものの、徐々に態度を緩めて行くヒロインとのやりとりも良かったです。

全体的に性への感覚がどこかずれているエロゲーにはありがちな空気をだしているので、NTRも純愛も軽い感じで必要以上に暗くなるようなシーンはありませんでした。純粋にエロを楽しめば良いと思います。純愛要素も濃いのでNTRが苦手でも十分に楽しめるかと思いますが、NTRも好きだと最高でしょう。

特に年上や義母に属性が無くとも、アリスの安定のエロ+原画おにぎりくんの力があればほとんどの方が買って後悔する、ということはないかと思います。それだけエロいんです。

本番解禁前のエロシーンの充実、やっとこ辿り着いたコンドームありのエッチ。生エッチまでの過程や、その後の怒涛の中出しエッチなど和姦シーンの充実と安定のNTR描写。何ともシコリティの高い、期待通りの素晴らしすぎる作品でした。

攻略がある程度難しいので攻略サイトなどを使用すると手軽なのですが、その攻略の煩わしさすら、焦らしに使用し、その後の展開のエロさを上げるために使っているので、手軽が煩雑さを取るかは悩ましいところです。

アリスソフトが培ってきたこだわりとシステム、そして原画のパワーが加わった、全方位に非常にエロい大作です。価格的にも大変シコリティとコスパが高いと思いました。NTRも純愛も美味しいところ両方とってしまう名作でした。

買わない理由はもはやありません。せひ堪能してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする