VENUS「色欲の小毬荘 ~人妻・明菜編~」とんでもなくエロい人妻NTR

今回は同人ゲームサークルVENUSさんの同人ゲーム「色欲の小毬荘 ~人妻・明菜編~」の紹介です。性から遠ざかっていた人妻が、エロスの快楽に溺れていく、NTRととんでもないエロさを放つ作品です。

色欲の小毬荘 ~人妻・明菜編~

みんなが家族のように暮らせる家をモットーに格安で部屋を提供してくれる下宿「小毬荘」を舞台に繰り広げられる性と愛欲の物語となります。主人公である学生の守とその友人である勇斗、大家のサダ子に住人ではないが手伝いとしてやってくるヒロイン明菜。

CG枠が明菜42枚、千星11枚、その他11枚に回想数が18と値段と比較するとかなりのボリュームといえます。もちろん音声も有りです。

体験版の導入部と本編という構成になりますが、まずは主人公視点で物語が進行し、NTR展開が発覚した後にヒロインである明菜視点で物語を振り返る2部構成になっています。

色欲の小毬荘 ~人妻・明菜編~

序盤の展開としては小毬荘を舞台に主人公を中心としてコメディチックに展開されていきます。その中でメインヒロインである明菜を女性として好きになってしまい、物語が動いていくことに。とあるハプニングから急接近する明菜と主人公。育児と仕事に疲弊していた明菜は主人公を頼るように。

そんな恋愛模様をかなり丁寧に描いているのが実に微笑ましく、NTR的にも効いてきます。男女の関係になる部分についても人妻である葛藤や主人公の真摯な思いに悩む部分などしっかりと描写。しっかりと信頼関係を積み重ねて関係を発展させていく様子には純粋に好感が持てます。

しかし主人公が人妻を口説いてハッピーエンドで終わらないのがこの作品。寝取り男の登場から衝撃の結末を迎える様子は、NTR的にも作品的にもお見事の一言でした。きちんと主人公ともエッチをしますし、間男も複数存在します。

色欲の小毬荘 ~人妻・明菜編~

十分にNTRな作品ですが、人妻の方は心に隙があったからという理由で、主人公や他の男優に心を許してしまう点がどちらかというと浮気に近い感じになるんでしょうかね。

肝心のエロシーンはかなりクオリティが高くエロいです。構図やプレイ内容もそうですが、NTRやエロスまでを丁寧に描いている為、乱れる明菜さんのエロさが際立って感じられるのが素晴らしいところ。理性を残しつつも快楽に溺れていくようすがエロすぎます。

絵に関してはバリバリの商業メーカーと比較すると弱く感じますが、作品を重ねるごとに進化しており、テキスト、シチュと合わさると全然抜けるから凄い。NTR属性もちならば気にならないでしょう。

色欲の小毬荘 ~人妻・明菜編~

間違いなくNTR作品なのですが、そもそもヒロイン明菜さんは人妻であり、主人公とエッチする時点でNTRが成立しているといえます。そこからさらに間男が現れて明菜さんが堕とされていく展開なので、純NTRとはいえず、どちらかというと明菜さんが浮気をする作品といえましょう。

なので主人公が人妻と失恋し、恋に破れる作品ともいえます。この作品は自作があり、この明菜編にも登場するもう1人のヒロインとのお話しが控えています。その作品でのその後が本命といえるでしょう。

低価格ながら丁寧な前置きからのエロエロ展開、後浮気的NTRとそれだけでNTR好き悶絶の良作でした。絵が合わない?
そんな事を気にする前にNTR好きなら突貫すべき作品です。

まずは無料体験版をプレイ。次の瞬間購入している至高の一品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする