三上キャノン「彼女の雌顔」スワッピングが素晴らしいNTR

今回は三上キャノン先生の単行本「彼女の雌顔」の紹介です。比較的年齢層が高めのヒロインたちの禁断のセックスを描く、我々の為にある様な作品となっています。

01702118kmfrsxxxF020.jpg

内容の構成に関しては全て読み切りの短編が10本となっています。

ここで取上げただけあって個々の短編にNTR要素を含む内容になっており、その10本すべてがNTRというわけではないのですが、個人的にとても気に入る作品があったので取り上げてみました。特に絵が好みなんですよね。

01702118kmfrsxxxF033.jpg

繊細ながらも匂い立つような色気を感じさせてくれる素晴らしいヒロインたちが多数です。人妻を筆頭にスタイル抜群の比較的高い年齢層の女性たちが名を連ねており、NTRとの相性の良さを見せつけてくれます。

特に就職活動中の夫をパート収入で養っている妻がパート先の店長に手を出される「特別授業」と、兄夫婦とのスワッピングを楽しむ「すわっぷ!」がお気に入りです。

01702118kmfrsxxxF065.jpg

どちらも本来はいけないシチュエーションながら状況に流され関係を持ってしまい、そして快楽を感じてしまうというNTR要素を上手に表現しており、その絵が醸し出すエロさとあいまって大変ヌケる作品に仕上がっていました。

その他にも酔った彼女を送り届けた際に、彼女の姉とセックスに発展してしまったり、兄が長期出張で留守を守るため居候をする事になった弟が兄の妻とイケない関係になったり、彼女の妹の好意に乗じて関係を持ってしまったりとNTR好きがティンときそうなシチュエーションばかりが詰まっています。

01702118kmfrsxxxF087.jpg

その他にも元カノ遊びまくりのビッチな女の子などどこか普通を外したチョイスが素晴らしいんです。

その割に全体的に軽いノリの作品で統一されており、弱みを握られたりしてセックスを要求されてしまうといったNTRでは定番のダークでインモラルなシチュエーションが存在するものの、さっぱりと終了する話が多く、女性側も快楽や後ろめたさを許容するような展開で後を引かないんですね。

01702118kmfrsxxxF093.jpg

全てが短編だけあってページ数をかけて描く精神的な追い込みや、話の作り込みは薄く、重厚なNTRというわけでは無いのは賛否かもしれません。その分、ドきついNTRが苦手な方なども読みやすい作品になっているのではないかと感じました。

プレイはシチュエーション優先で比較的スタンダードな内容になっていますが、絵柄と女性のスタイルが魅力的な為、シチュと相まって私は大変使えました。またヒロインたちも快楽に流され受け入れるような描写が多いのでそこも興奮をそそられるところです。

01702118kmfrsxxxF037.jpg

短編という読みやすさと魅力的な絵柄に背徳的なシチュエーションとヌキに必要な要素を十分備えた一冊であると思います。絵と作品の方向性が合えば問題無く購入できる作品といえるでしょう。

そのかわり重厚なストーリーや精神的に追い込むようなNTRは期待できないので、そこは目的が違うと割り切りましょう。

ともかく私は大変実用性を感じた一冊でした。おすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする