ワカメさん「求愛ゆーとぴあ」フェチなシチュNTR

今回はワカメさん先生の成年向け初単行本となる「求愛ゆーとぴあ」の紹介です。書き下ろしを含む短編集となっており、柔らかいタッチの絵からは想像できないようなNTRな内容も含まれている一冊となっています。

求愛ゆーとぴあ

ほぼ短編なのですが、書き下ろしが2本加わっており、そちを合わせると2話構成の作品が2つ、1話限りの短編が9つという構成になっています。

収録作を並べますと

「小悪魔ゆーとぴあ」
「求愛ゆーとぴあ」
「君を詠む」
「続・君を詠む」
「求愛トレーニング」
「僕の知らない君」
「ビンタ♡ラブアタック」
「妄想×暴走」
「Go in ビッチ」
「おねだりアイテム」
「らぶこす」
「ミイラトリ」
「女神の卒業式」

以上で、描き下ろし作品が「求愛ゆーとぴあ」、「続・君を詠む」の2本となっています。

1つの作品を紹介すると膨大な量になってしまいますので割愛しますがシチュとしてはTS、露出狂、匂い、コスプレ、NTR、ビッチ等々、少し特殊なフェチ系シチュを集めた構成となっているんです。

求愛ゆーとぴあ

その中でもNTRを中心にビッチなヒロインが乱れる作品もあるのですが、全体的にはコミカルな表現で圧倒的なエロを勢いで押し通してしまうようなコメディチックな展開が多いのも特徴です。なので気軽に変態的なシチュの世界に浸ることができるでしょう。

求愛ゆーとぴあ

登場するヒロインは全体的にむっちりとした巨乳でナイスバディであり、絵柄もかなり可愛く魅力的であるといえます。ですが多様なシチュを受け入れるヒロインたちばかりなので、正確的にはかなり変態的であり、我々の股間も嬉しい悲鳴を上げること間違いなしかと思います。

求愛ゆーとぴあ

そんなシチュですがプレイの幅も広く、ノーマルな展開から道具を使用したり、自慰を見せ合ったり、露出、NTRと幅広く、内容もハードです。描写もかなり過激でヒロインたちも快楽に悶えるようすを思う存分アヘ顔やイキ顔を駆使して見せつけてくれます。

0160601AA1A013.jpg

行為もハードですが、その表現も素晴らしくハードで実用度劇高の一品に仕上がっております。

NTR作品と紹介しましたがNTRも含めてダークな話は少なく、NTR耐性が低い方でもその他の特殊なシチュに反応するのであればおすすめできる一冊であると思いました。NTRも含めてそういったシチュエーションで勝負しているということなのでしょう。

0160601AA1A048.jpg

その上で可愛い系の絵柄からは想像できないようなヒロインのスケベっぷりとアクティブさが素晴らしい。こんなにも可愛い女の子が鼻からザーメンをまきちらし、アヘ顔をさらし乱れ狂うのを眺められるだけでも購入する価値があるといえましょう。

0160601AA1A069.jpg

NTRも楽しめますがフェチなシチュと積極的に乱れまくるヒロインの痴態が素晴らしい作品でした。NTR分も薄めなので、特殊なシチュ達と絵柄を許容できれば実用書として申し分ないかと思います。

おすすめの一冊です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする