アリスソフト「超昂天使エスカレイヤー・リブート」ハイレベル怪人×NTR

今回はエロゲーメーカーアリスソフトさんから2014年に発売されたエロゲー「超昂天使エスカレイヤー・リブート」の紹介です。こちらは2002年に発売された「超昂天使エスカレイヤー」のリメイク作品となっています。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

元々RPG要素と従来の読ませるエロゲーをミックスさせたゲーム性にも定評があったアリスソフトさんではありますが、この「超昂天使エスカレイヤー」を筆頭にNTR属性を持った作品を定期的にリリースするメーカーとなりました。

アリスソフトさんはエロゲー業界屈指のクオリティを誇ります。その出来たるやまさに神。そして「超昂天使エスカレイヤー」も神でした。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

CGに関してはリファインを行い、敵となる新規怪人の追加、新たなエロエピソードの追加、各システムの強化など時代に合わせた強化がプラスされています。原作があまりにも古すぎるのでプレイした事の無い方も結構いるのではないかと思いますが、そのエロ部分だけを抽出するならば間違いなく買いの作品でしょう。

ゲームのストーリーはといいますと、転校生として突然主人公の前に現れた幼馴染のヒロイン高円寺沙由香、その懐かしさから声をかけるもどこかよそよそしい。そんなとき突然の轟音と共に、奇妙な衣裳や姿の「侵略軍団ダイラスト」と名乗る地球侵略を目論む怪人達が襲来。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

余りの出来事に戸惑う主人公「恭平」を余所に、1人路地裏へと駆け出した沙由香が取った行動は、なんとオナニ-。更なる混乱を受ける恭平の前で、眩い光と共に彼女が変身しエスカレイヤ-と名乗って、ダイラストの尖兵を打倒して行く姿に。

真相を探ろうする主人公。すると例のダイラスト軍団と戦う理由に加え、沙由香が変身に必要な力が性的昂奮であると知り地球や町内の平和を守る協力として、彼女とエロエロな行為をして欲しいとお願いされ、幼馴染としてか、愛する女性としてかそれともただ単にエロがしたいだけなのかとう複雑な思いと共に騒動に巻き込まれていくのであった。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

という地球の平和を守るため、エスカレイヤーを強くさせるという名目の元、純愛だけでなくマニアックなプレイをガンガン行っていくアリスソフトの清濁混ざった顔をみせてくれますが、注目すべきはNTR。そう、変身ヒロインものといえばNTR。

敵対する怪人に負ければ、もちろん、そうNTRなんですよ。実にすばらしいNTRシーンなんですが、中々それを拝ませてはくれないのがこの作品の難しいところ。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

基本システムとしてRPG的な要素を使用しており、一日2界の行動で、主に主人公がエロでエスカレイヤーを強化していく事になります。こちらのエロはかなりのボリュームで純愛から微NTRまで幅広くカバーしていますが、怪人NTRはまた別。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

そして待望の怪人とのバトルパート。一定毎に怪人とのバトルがありますが、普通にエロを楽しんでいれば勝てないという事はない難易度。しかし我々は怪人に負けてからが本番なんですよ(笑)

強化にエロが必要で、しかも主人公とのエロも安定してエロい。基本的に繰り返しエロがメインにもなっており、最大3回まで同じシチュの調教を始めるんですが終盤の沙由香はエロエロでNTR目当てでも実用性抜群ですよ。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

コスプレエッチだったり喫茶店でちょっかい出したり、序盤は恥ずかしがってヤらされてるのでも徐々に自分から求め始めるのが素晴らしい。

そして待望の怪人敗北エロ。敗北エロは負けるとそのまま連れてかれ凌辱されてしまいます。こちらも繰り返しは最大で2回、エスカレイヤー状態で犯されるのですが、これが本当にエロいんです。NTR好きならば間違いなく楽しめるでしょう。

そしてリブートで追加されたのが女怪人。結構な人数が追加されていますが、こちらは倒すと主人公が女怪人を犯します。元の人間に戻すために犯すのですが、NTRとしての要素も薄いのでまぁ見ておいて損はない内容かと。女怪人に犯されるのがないのは非常に残念です。

超昂天使エスカレイヤー・リブート

とにもかくにもおにぎりくんさんの原画のエロさといったらたまりません。ヒロインの沙由香もエロ可愛いすぎます。NTRエロだけとなると通常の強化パート等をある程度こなしていかないとたどり着けないので、中々見る事ができませんが、通常パートのエロさがそのデメリットを打ち消していると思います。

美麗なヒロインが内外から圧倒的なエロを受ける、本作。NTRが嫌ならば怪人に勝ち続ければ良いし、わざと負けてNTRを存分に楽しむもよし、おにぎりくんさんの絵が受け入れられればこれほど実用性のあるエロゲーもそうはないでしょう。

唯一、クリックだけでエロに辿り着けず、RPGパートや怪人とのバトルをこなさなければなりませんので、その辺りが面倒臭いと感じる方もいるかもしれません。しかしその作業感を乗り越える事ができれば至高のエロが待ち受けています。

高次元のエロに浸りたい、そんな貴方におすすめの一本です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする