LiLiM「鳳凰戦姫 舞夢」寝取り男がツボな傑作NTR

今回はエロゲーメーカーLiLiMから発売されたヒロイン変身型ADV「鳳凰戦姫 舞夢」の紹介です。素晴らしい絵の魅力にNTRと相性抜群の変身ヒロインものという事でのピックアップとなります。

この作品の続きとなる「昇龍戦姫 天夢」も紹介させていただきましたが、そっちよりも私は旧作となる舞夢の方が好みでした。

鳳凰戦姫 舞夢

選択肢を選んでストーリーが分岐するオーソドックスなADVとなっており、変身ヒロインものですがアリスソフトの超昂シリーズのようにRPG的な要素は一切含まれていません。是か非かは難しいところですが、RPGパートを煩わしく感じる人もいるかと思いますのでそれぞれでしょう。

ストーリーですが平凡な学生生活を送っていた主人公川田健太。ある部活の帰り空から女の子が降ってきた。ぼろぼろの衣装に包まれた「般若の面」つけた一人の少女。そこに黒の着た男女が現れ、2人に向かって攻撃を仕掛けてきた。すると突然般若の面と健太の体が光り出し、真っ二つに割れる般若の面。

鳳凰戦姫 舞夢

すると健太の体が舞夢に吸収されまばゆい光を放つ焔之鎧を身にまとう舞夢。吸収した健太により変身したのであった。そんな少女が敵対する勢力を打倒するため、主人公のもつ特殊な力を使用して立ち向かう、という設定だけ見るとそれなりに工夫している感を感じます。

正直シナリオに期待するゲーム、というわけではありません。所謂抜きゲーですわ。日常部分ではギャグ先行のライトなのりで進んでいきます。それでもあまり日常描写が上手いとは言えませんが、抜きゲーにそれを期待するのは、厳しすぎるでしょう(笑)

鳳凰戦姫 舞夢

舞夢がもう一人のヒロインと主人公を交えた三角関係のどたばたラブコメなんかはまぁまぁ読めました。そして変身ヒロインものと言えばNTR。結構多数の敵キャラから寝取られるのですが、その敵キャラも薄っぺらくなく個性的で面白かったです(笑)

鳳凰戦姫 舞夢

ミスターNTRとかいうアホなキャラが登場するのですが、こいつがまたダンディでヒロインたちを寝取った後に優しくしたりして、ヒロインがほれ込む描写等もあり良かったです。NTRザーメンって(笑)

エロに関しても原画の金目鯛原先生の補正を受けてで大変エロく、素晴らしかったです。この絵でNTRなんですから属性持ちの諸兄らはそれだけでやるべきですよ。

鳳凰戦姫 舞夢

エッチシーンはNTRと純愛を比較すると純愛の方が多い感じです。変身ヒロインものの通例として舞夢は精液でパワーアップし、精液を受け入れないとやがて衰弱して死んでしまうという設定となっているので、主人公が舞夢と純愛エッチに邁進するわけですね。

純愛とはいっても鬼畜系シチュも完備しているので、主人公とのエッチの実用性も十分かとお持ちます。NTRに関しては基本的に即堕ちが大半となっています。ある程度複数の寝取りキャラがいるゲームなので尺の問題もあるでしょう。しかしシチュ的にはかなり広くも網羅している+原画パワーもあってNTRとしての実用性は抜群ですわ。

鳳凰戦姫 舞夢

敵に犯されてヒロインが快楽にのまれ、そこから敵に好意を抱いてしまったり受け入れる流れが全体的にあるので、そこが他の作品とは一味違ったところだと思います。とある敵の忍者キャラはメインもサブヒロインも全て犯し、全員をそのテクと口先で受け入れさせるという展開は中々ですよ(笑)

鳳凰戦姫 舞夢

ヒロインが敵と和姦状態になると敵への呼び方が変わったり、寝取られ後に敵に好意を抱いて、その先の展開も描いてしまうという、NTR的にはかなり美味しい作品であると思います。さらに何度もいいますが、この魅力的な可愛らしいヒロインたちがそんな目に合うのですから、NTR好き必見の一本であると思います。

中々文章でこの魅力を描くのが難しいのですが、寝取られ→好意を描く、というのをギャグを交えたぶっ飛んだ展開で描きつつ、敵もそれなりにぶっ飛んでいるのでなんとなく納得してしまうという、NTRに関してはギャグと展開が上手くかみ合い、実用性抜群のNTRを披露してくれる抜きについては傑作であると思います。

そのぶん日常パートではそのギャグが空回りしているので楽しむ事は難しいでしょう。まぁこの作品の魅力はNTRなので問題ありません(笑)

キュートな絵とぶっ飛んだNTR。それは必ず貴方の股間を熱くし、しぼりとってくれる良作です。フルプライスながらダウンロード価格ならば元が取れると思っていますので、気になった方は是非プレイしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする