寝取らせ、流されから夫婦の愛が試されるNTR「流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-」アトリエさくら

今回はNTRスキー御用達のエロゲーメーカーアトリエさくらさんから発売の「流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-」の紹介です。NTR作品を多数輩出しているアトリエさくらさんですが、全てが全て満足できるかといえばそうでは無いのが現実。

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

毎回プレイするのはそれなりに覚悟がいるのですが、今回はかなり満足させてくれる仕上りでした。タイトルにある程度詰め込んできているので想像は可能かと思いますが、原画の破壊力もあり、十分に楽しむ事ができましたよ。

さてお話としましては、しっかりとした絆で結ばれた夫婦である主人公とヒロイン。しかし夫は妻には言えない秘密と願望を抱えていた。それは今の妻と結婚する前の、かつての婚約者が不義の子を作ったことで女性不審に陥ったことで、他人に自分の妻を抱かせることに興奮する体質になってしまったのだ。

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

そしてある日、同窓会で田舎に帰る日を控えた妻綾乃に意を決してその思いを伝える、元彼に抱かれてほしいと。当然戸惑い拒絶する綾乃。複雑な思いを抱きながらも安堵する主人公。そして後日、急な仕事のスケジュール変更を伝えようと妻の実家に電話した主人公だが、妻が一日帰っていない事を義母から聞かされるのであった。

という実にわかりやすい王道のNTRストーリーに仕上がっている印象です。いや、寝取られというよりは寝取らせなのですが、この後の展開がズブズブの快楽漬けの日々というわけではなく、なんと夫婦の絆を試す、一種の純愛ストーリーに仕上がっているのもポイントです。

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

結局は夫の思惑通り、同窓会で想像以上に泥酔し、気が付いたら全身を愛撫され元彼を受け入れたヒロイン。そして次の帰郷でも元彼に抱かれ、夫が言葉に出来なかった寝取られ願望のように、今まで明かせなかった、人一倍快楽を求めてしまう本性があったと打ち明けるヒロイン。

そんなヒロインと二回の不貞を許されたなら受け入れてほしいという彼女の願いに、様々な思いを抱える中、主人公は受け入れるか、受け入れないかで分岐。

受け入れる事ができないと、所謂NTR系のバットエンドで離婚し、妻は元カレの元へ。割とよくあるパティーンですな。

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

そして受け入れるとなると、元カレとの関係を清算し、公私ともに幸せな結末を迎えつつも、元カレとのプレイを反芻しがらのプレイを楽しむという事で夜の生活も充実し、子供も授かり家族円満でまさにハッピーエンドとなります。

簡潔に説明すると。寝取らせから、快楽に溺れてしまったヒロインとの、失いかけていた大切なものを再確認したという、純愛ストーリーに仕上がっているのです。歪んだ形ですが夫婦愛を再確認した、という話でしょうか。

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

比較的ライト向けといえるかと思います。しかし純愛主義者からすると愛する妻は確実に他の男に抱かれているのでとんでもない苦行には違いないでしょう。それでも完堕ちせず、夫の元へ戻ってきてハッピーエンド、というのも中々味わえないので、読後感に関してはかなりすっきりとまとまっており、これはこれで良かったです。

エロシーンについても数は少ないものの、前述のストーリーの流れもあって十分に抜けます。原画の長瀬先生の力も大きいですね。ヒロインの性格を非常に上手く表現していますし、CGの構成も非常にエロいです。

実は淫乱体質でずっと欲求不満で、清楚でトロい口調のヒロインから元カレとのエロスの様子を説明されるというのやはり良いものです(笑)

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

NTRの基本をしっかりと押さえつつも、実は他の男に抱かれて感じてしまっていた淫乱体質のヒロイン、それを受け入れる事によって、夫婦の危機を乗り越え完全なるハッピーエンドを描くというまさかの純愛作品でした。

その原画力、他の男に抱かれるという過程もあってNTRスキーも楽しませてくれるエロシーンに、後味の良い、スッキリとしたラストと王道ながらもある意味変則で、好きな人はかなり気に入る作品であると思います。良作を超えて名作判定もあり、という読後感の素晴らしさがありました。

流され妻、綾乃の’ネトラレ’報告 -おっとり妻&一晩ぶっ通し超肉食不倫セックス-

しかしヌキに特化しているわけでもなく、ストーリーの丁寧さが売りなので爆発力には欠けますし、NTRとしてはライトながら妻を受け入れる苦しみは純愛スキーには厳しいものもあるかと思います。価格もロープライスとは言い難いですしね。

それでもスッキリと後味の良いラスト。そして王道のNTRとプレイに値する価値は十分です。たまにはこんな純愛風味のNTRも良いものです。ぜひプレイしてもらいたい一品でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする