丁寧に作られた人妻NTR「妻の媚肉を弄る父の太い指 ~知らぬ間に父のモノになっていた愛妻は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた~」Anim

今回はエロゲーメーカーAnimさんから発売の「妻の媚肉を弄る父の太い指 ~知らぬ間に父のモノになっていた愛妻は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた~」の紹介です。いやしかしタイトルが長いですね、その分内容はわかりやすくて良いのでしょうが(笑)

Animさんは昔からNTR作品を定期ていに発売してくれる素晴らしいメーカーさんで、低価格帯に浸食されつつあるNTR業界で、ミドルプライス以上の価格の作品を作ってくれる貴重なメーカーさんであります。

妻の媚肉を弄る父の太い指 〜知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた〜

さてお話ですが主人公の母親を溺愛していた父親。その母親が亡くなってからすっかり元気を無くしてしまった父を心配して一緒に住み始めた主人公夫婦。毎日の日々を積み重ねてい浮くうちになんとか元気を取り戻す父親だったが、ある祝い事の席でお酒に酔ってしまい、それからというもの定期的に飲酒するように。

その飲酒が主人公夫婦と父親の関係を狂わせていくのだった…という主人公の父親に愛する妻を寝取られてしまう、家庭内でのNTR作品となっています。NTRの中ではそれなりにメジャーな父親NTRですが、今まで自分を育ててきてくれた父親に寝取られる絶望感は、定番ながら破壊力抜群といっていいでしょう。

妻の媚肉を弄る父の太い指 〜知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた〜

それなりに王道というNTR内容は、裏を返せば意外性に乏しい、ということにも繋がります。なのでストーリー一本で勝負するには難しい作品といえますが、そこは老舗メーカーさんの作品、頑張ってくれました。

また低価格作品との差別も課題であるといえます。キャラやシチュを絞る事によって一点突破で勝負してくる低価格作品もあなどれません。そんな課題に、非常に上手に答えてくれたのが本作でした。ただ単にボリュームを増やすというだけでなく、寝取り役の義父がじっくりと攻める戦略をとることによって、時間が経過することに必然性を持たせました。

妻の媚肉を弄る父の太い指 〜知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた〜

この主人公の父親、実に狡猾で、あらすじや序盤からは想像もつかないような策略家なのです。義父に寝取られるというと勢いに任せてエロに持ち込み、その後はテクニックやマジカルチンポでカバーという展開が王道ですが、息子の妻を寝取るために長期計画を練って挑んでくるのです。

その計画を1つづつ着実に実行してくるので、必然的にボリュームが増す、というわけですね。その計画性と実行力は見事の一言でNTRゲームのプレイヤーとして実に好印象でした(笑)

そして寝取られる側の主人公の妻も時間の経過とともに外観が変化していくのも良かったですね。しっかりと寝取られていくまでの描写があるのでその外観の変化も自然と受け入れることができました。フルプライス、ボリュームという部分に上手く結び付けられていたと思います。

妻の媚肉を弄る父の太い指 〜知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた〜

そんな個々の要素だけを見ると特に目新しい要素はないのですが、それを組み合わせることによって、作品の魅力を増すことに成功しており、全体のクオリティを引き上げることに成功しているといえるでしょう。

さらにイベントCGだけでなく、立ち絵も動く、というのは斬新でよても良かったです。決定的なアドバンテージにはなり得ませんが、確実に作品のクオリティを上昇させています。ヌキ重視の作品でこういったところを充実させてるのはそこまでないので十分に力が入っているといえます。

個人的にも王道なNTR作品でまとまっている印象ですが、あくまで王道の範疇であり、尖りに尖った要素は少ないと思います。しかしフルプライスを意識したしっかりとしたストーリーの練り込みと演出面の強化は十分にプレイする価値のある内容であると思いますね。

妻の媚肉を弄る父の太い指 〜知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた〜

エロシーンも実に濃厚で過程を重視するため、はじけた感じのエロ内容ではないものの、しっかりねっとり描写しているエロの破壊力は十分。作品のコンセプトから登場ヒロインは限られてしまうものの素晴らしくエロかったですね。

それでもボリュームを活かした分岐の多さからくるシーンの豊富さとエンディングの数は流石といったところで、マニアックなシーンだとロリ系や腹ボテセックスのシーンもあるため、あくまでNTR作品であるという認識をもってプレイしないと、いらぬダメージを食らうことになるでしょう。

妻の媚肉を弄る父の太い指 〜知らぬ間に父のモノになっていた愛妻(つま)は、悦びの喘ぎとともに腰をうねらせていた〜

それでもミドルプライスの作品として老舗メーカーのこだわりが詰まった良作といっていい作品でしょう。エンディング次第では快楽堕ちはするものの、完堕ちまではいかないというグッドエンドもあるので、多種多様のシチュが楽しめる夫婦NTRモノということでNTRを愛する諸兄らならば楽しめる作品に仕上がっていると思いました。

安定安心の良作NTR、ぜひ堪能してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする