カラッとヌケる実用性抜群の援交NTR「サポありカノジョ」クロックアップ

今回はエロゲーメーカークロックアップさんの「サポありカノジョ」の紹介です。NTRというジャンルと属性が重なる部分に援助交際ものがありますが、個人的には大好きですw

純NTRとはことなるきりきりとした追い込みのようなものはありませんが、貞操観念というのはNTR作品でも重要な要素で、理由はどうあれ男に身体を簡単にゆるしてしまう、というのはNTR好きの諸兄らも受入やすいシチュエーションかと思います。

サポありカノジョ

お話としましては万年平社員で冴えない中年童貞の主人公。とある偶然から見ず知らずの美少女とお金を払ってエッチをすることに。つれられるがままに連行され、されるがままに犯され?て、気がつけば援交少女は僕のチンポに大興奮。

そんなマジカルチンポをいたく気に入った援交少女はさらに2人の援交少女を紹介してくれると言いだした。さっきまでは童貞=年齢だったのに、そんな主人公の人生は動き出したのだった。

というまぁ実にわかりやすい展開ですね。世の中の恋愛に前向きでない男性たちはこんな幸運がいつか自分にもおこると期待するものですが、おこらないのが現実。空から女の子は中々降ってこないようですよ(笑)

かなりの低価格ゲーの割にボリュームは相当頑張っている感があり、ヒロインも3人とこの価格帯にしては多いです。ということは1人当たりのシーンボリューム現象につながっているのですが、それもあまり気にならない、気合いの入ったシーンが多いのが好印象でした。

そしてエロい。シーン中の頬染めや吐息、汗、汁の描写が実に巧みで、肉感的な原画さんの美少女具合と合わさってヌキがはかどります。また差分を使った変化が多彩で、値段からは想像できないボリューム感を感じました。

プレイ自体は飛び抜けたものはありませんがバキュームフェラやチンカスを掃除してくれたりと、通常のエロの中に少しエロを強調するようなシーンが多く、上手くエロさを引き出していると思いましたね。フェラシーンも実に力が入っており、バキュームのCGでの表現だけでなく、鼻から精液が垂れてきたり、下に乗せて見せてきたり、飲み込んだあとに口の中を見せつけてきたりと、細かい変化で気合いの入ったフェラシーンを見せつけてくれました。

サポありカノジョ

いちいち気合い入ってるんですよね(笑)フェラ好きすぎだろう、と。

また隠語使用も大変豊富でテキストと音の面からもエロさを強調してくれるので隠語好きの方も安心してプレイできるでしょう。

また純粋に援交JKとエッチするぜ、というシチュと気合いの入ったエロシーンだけでも十分ですがストーリーも中々感じるものがあったのが良かったです。実は生粋のビッチガール、というのは存在せず、彼女達の抱える事情は中々重いのですね。

1人は必要とされることで安息感を求める、承認欲求が強い系、婚約者が寝取られ願望持ちで彼の為に他の男に抱かれたり、家庭の事情による金銭不足で援交に走ったりと中々複雑。そんなヒロインたちなので純粋なビッチであるという負のイメージはほとんど描かれておらず中々に気持ちのよい感じで描写されていたのも良かったです。

お金だけを求めている、というわけでなく、主人公とセックスを楽しもうという、ある種のコミュニケーションを取っている感じでした。援助交際から始まった関係ながら各々のヒロインの抱える事情を主人公がずばっと解決し、ハッピーエンドで終わるんですよね。

あくまで作品の趣旨としてはエロシーン重視のヌキゲーでしょうが、気持ちよくスカッとヌケるというのも気分良くて良かったです。

さてこのブログはNTR作品を紹介するブログなのですが、本作のNTR要素はかなり低いです(笑)
3人いるヒロインの内の1人が、婚約者兼恋人の要求で援助交際をしており、その時の映像を録画して恋人に見せているというもののみとなっています。

最終的にはそのヒロインも主人公と幸せに、的な終わり方をするのである意味寝取りなのですが、スカッとあとくされ無く終わるので、NTR感は薄いです。

サポありカノジョ

それでもこのブログで紹介したのはNTR要素が薄いながらも存在するのと、援交系のジャンルはNTRと関係性が深い為です。NTR好きならば本作も適合する可能性が高いのではないかという事ですね。

逆にNTR要素はかなり薄いのでNTR初心者向けの作品といえます。軽い寝取りを良い感じに楽しめるのでその他の属性が合えばチャレンジしてみるのも良いと思います。

援交、JKというジャンルに実用性抜群のこだわり抜いたエロシーン、そして気分良くヌケるストーリーと低価格ながらコスパ抜群の一作でした。属性が合えば後悔はしないでしょう。ぜひプレイしていただきたい作品です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする