秀逸な心理描写から繰り出されるコスプレ浮気NTR「腐った果実」Blue Devil

今回は同人サークルBlue Devilさんから発売された「腐った果実」の紹介です。いわゆるコスプレを題材としたヌキゲーになるのですが、大人の事情もあってか、あまり見かけないシチュの作品です。

腐った果実

ヌキゲーとしては高く評価したいのですが、NTRというジャンルとしてみると正直微妙でした。しかしその価格とヌキ度からを鑑みてのピックアップです。

お話としては、この春に大学を卒業したヒロインの鴻野美冬は、外資系コンサルティング会社に勤める恋人と同棲生活を始める。しかし同棲
を始めて一ヵ月もしないうちに、眞一が半年間の海外研修に出かけることになり、新居のマンションで一人寂しい毎日を過ごしていた。

そんなある日、美冬の元に高校時代の同級生から同窓会の通知が届く。故郷の人間とすっかり疎遠になっていた美冬は、旧友と会える嬉しさと懐かしさから同窓会へ参加する。そこで再開したのはかつての恋人だった。

腐った果実

元彼は同人作家として大成しており、今度参加予定の同人誌即売会での売り子を美冬に依頼する。かつての恋人、そして自分に‘性の悦び’を教えた敦に再び近づくことに美冬は悩んだが、久々にオタク関係のイベントに参加したいという欲求から、依頼を引き受けてしまうのだった。

というコスプレ+寝取られ、というより浮気ゲーでしょうか。ストーリーはシンプルで、ヒロインがオタクの元彼と再開し、過去にハマったコスプレセックスに堕ちていく、というもの。ヒロインは結婚を控えた幸せな時期ではあるものの、夜の営みには不満で溜まっているという状況。そこに追い打ちをかけるように恋人の海外出張と浮気の条件が出揃っているともいえます(笑)

腐った果実

女性視点で描かれるため、浮気ゲーとしては秀逸なのですが、ヒロインの恋人が全くの空気的存在であるため、「寝取られ」作品とは言い難いですね。最近はNTRといってもその中でジャンルが複雑化しているので注意が必要です。

メインとなるエロはコスプレでのエッチでそのコスプレシーンだけで10以上があり、アニメ等のキャラモノなども4つほどシーンがありました。まさに同人作品だからこそできる所業といえましょう。そのアニメコスもキャラになりきるというわけではなく、外観だけの変化となりますので、原作等の空気は感じることができません。これは善し悪しでしょうね。

腐った果実

とても良いと思ったのがヒロインの心理描写です。浮気を受け入れてしまう過程と堕ちていく様子を丁寧に描いているのが素晴らしかったです。酔っていたのだから、雰囲気に流されて、フェラまでなら浮気じゃない、ゴム有なら浮気じゃないという感じから入っていって、元彼のチンポが大きいから、ほおっておく彼氏が悪いから、と旦那と快楽のバランスが変化するたびに、必死に浮気を正当化しようとするところがリアルで良かったですね(笑)

またセックスの快楽と、コスプレしながら撮られるという性癖の描写もよかったです。自分の好むコスプレセックスに対する性の描写や、再度コスプレセックスにハマっていく過程なども丁寧に描かれていて説得力がありました。生々しい女性の性に対する思い、というのが描かれている気がしました。

腐った果実

浮気やコスプレエッチの際でもあくまで男性に決定権を持たせるようにしたり、他の女性コスプレイヤーに対抗意識を持ったり、異性から女性としてちやほやされることに喜びを感じたりと、女性ってこんなことを思っているのかな、という女性の思考回路の一端をリアルに描写しているのかと興味深かったですね。

女性ライターさんならではの描写の上手さを感じました。

コスプレや心理描写以外は特筆するべき点はありませんが、エロシーンのアヘ顔、イキ顔に汗や汁の描写も丁寧なところは好印象でした。ボリュームもコスプレからのエロシーンを含めるとかなりの量で、満足度は高かったですね。

心理描写が巧みで、ヒロインの興奮具合やエロへののめり込み具合が素晴らしく伝わってくるので、実用度も満足できる内容でした。この辺りも女性ライターさんを起用した利点でしょう。

腐った果実

特にストーリーに起伏があるわけでもなく、寝取りモノという割に旦那は空気で寝取られてはいるが、その寝取りを感じられるわけでもありません。

しかし女性ライター起用による圧倒的女性視点からの浮気描写とコスプレエッチにハマり、快楽に堕ちていく様子は素晴らしく抜けました。純NTRではなく、純愛主義者からすれば吐き気を催す浮気ゲーですが、許容できるなら素晴らしいコスパのヌキゲーといえるでしょう。

個人的には生生しい女性のエロい性癖が楽しめる良作でした。属性が合えばプレイしていただきたい一作です。

腐った果実

1,036円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする